2009年1月23日 (金)

ハセガワ 1/72JET VTOLキット内容について。

ハセガワ 1/72JET VTOLキット内容について。
ハセガワ 1/72JET VTOLキット内容について。
ハセガワ 1/72JET VTOLキット内容について。
ハセガワ 1/72JET VTOLキット内容について。
ハセガワ 1/72JET VTOLキット内容について。
えー、ざっと中身を見ていただきましょう。

機体は、ハセガワが飛行機模型で培った技術を上手く投入して、非常にリアリティーのある物に仕上げています。

パネルモールドが細かい。

この辺りはやはりハセガワだと思います。

更にコクピットも良い再現をしていると思います。

で、しばらく眺めていると、ある事に気がつきました。

デカールです。

JET VTOLは皆さんご存知かと思いますが、赤く塗装されている部分があるんですね。

ハセガワのキットでは、これをデカールで再現するようになってるんですが、説明書を見たところ、貼り付け方が今ひとつ分かりにくいです。

特に機首の先端です。
デカールの形状を見る限り、今一つ貼り付け方がわからない
色々考えてみましたが、実際組んでみない事にはわかりません。

上手くいくのか?という一抹の不安を、覚えたおっさんですが、やってみないことにはわかりませんので、頑張って完成を目指そうとおもいます。
という事で、今回はここまで。

| | コメント (71) | トラックバック (0)

気の早い話ですが、次回作です。

気の早い話ですが、次回作です。
どうも、おっさんです。

以前にもチラッと触れた次回作のお知らせです。

次回作は、

ドコドコドコドコ
ジャーン
(ドラムロール)

ハセガワから出ている1/72JET VTOL特別生産品です。

そう!ウルトラマンに出てくる科特隊が使用する垂直離着陸を可能とする戦闘、偵察を目的とされたジェット機です。

通常版と何が違うかというと、科特隊のフィギュアが3体付いてます。

(通常版はフィギュア無し)

このキットについては、数種類発売されています。

宇宙VTOL、VTOLにS潜航艇が付いている物等です。

これを次回作にしようと思ってます。

(キットの中身は別記事にて。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シフトレバー等、細かいパーツの塗りわけ

シフトレバー等、細かいパーツの塗りわけ
さて、細かい部品たちの塗りわけです。

年明けに買っておいた細い筆で、これを塗りわけます。

が、これも中々上手くいかない(泣)

既に塗ってある部分に塗料がはみ出たり、着いてしまいます。

が、何とか塗りわけ完了。

これも慣れていくと上手く塗れるんでしょうか?

不安です。
何せ、塗装に関しては子供時代にはしたことがなく、最近組んだのはガンプラでしかもスナップフィットのいわゆる色プラ形式。

不器用なおっさんには中々難しい事です。
が、何とかやらないとプラモ製作なんて趣味は続きません。
これを何とか組み上げて、乗り越えないと継続出来ないきがします。

あとは、ボディです。
が、クリアコートや耐水ペーパー等がないと作業が進まない。
次にはきちんと買っておこうと思います。

追伸 読んだ人コメント下さい。

モチベーションも上がると思うので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フィアット製作再開 その2

フィアット製作再開 その2
で、リアのシャフトをとおす部分の塗りわけです。


が、ショック!


マスキングテープを剥がしている最中に悲劇が!


なんと、塗装済みの箇所に爪が当たってしまい塗装が剥がれました。


仕方なく、ガンダムマーカーで何とかリタッチしようとしましたが色が薄い。


まあ、墨入れ用なので仕方ないですね。
諦めて筆でチョッチョッとリタッチ。

まあ、何とか修復。

それにシャーシ裏なので目立たないから良いかなと。

(そればっかりかい)

中々上手くいきません。

が、取り敢えず出来る事からやっていこうと思います。

次は、ハンドルやメーターパネル、シフトレバー、サイドブレーキ等の細かいパーツの塗りわけです。
(次に続く。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の更新 フィアット製作再開。

久々の更新 フィアット製作再開。
どうも、おっさんです。
暫く寒くてなかなかプラモをいじる気になれず、絶賛放置中でしたが、やっと作業を再開しました。
年明けて、足りない塗料と次回作を購入しました。

が、重大な忘れ物をしました。

( ̄○ ̄;)

耐水ペーパーを買うのを忘れた。


まあ、気を取り直して、作業内容に移ます。り
(次回作は後々紹介します。)


んで、行った作業ですが、室内を塗るって作業です。

まあ、大したことない作業っすけど。


おっさん、水性カラーを使ってるんですが、これが臭いはキツくないんですが、中々定着しないんです。

塗ると弾くんですよ。


で、多くつけると泡立つ。

4回程塗料を落としました。

まあ、これは室内なので妥協してどうにか塗りました。


で、後は細かいパーツの塗りわけ。

これは、別記事にします。

(次に続く。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

明けましておめでとう

おめでとうございます。
おっさんの休みは今日までです。
2日から頑張っていこうと思います。

暫く休みがないですが。

てな事で今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

いよいよ

明日は給料日。

長かった。

本当に長かった。

あっ、どうも。

おっさんです。

最近、かなり冷え込んできました。

歳をとると寒さが身に染みますな。

さて、プラモデルの製作は絶賛放置中です。

早く組み立てて、次を作りたいと思います。

特撮物を前にも書いた通り、作りたいと思ってます。

あとは、道具を買い足していかないと。
その他にも欲しい物がかなりあり、非常に悩ましい限りです。

その他の欲しい物というと。
おっさんは喫煙者なので、ライター等も好きでぼちぼち集めてます。

つっても、ジッポや類似のオイルライターなんですが。

最近、興味があるのが、日本製のオイルライター。
ペンギンやオリバー等といったブランドのものです。


オリバー

ペンギン
安価でデザイン的にも面白く、しかも日本製。
最近、おっさんはライターだけでなく、色んな品物の国産品に注目してます。


昨今の舶来品を妙に有り難がるという風潮に少し疑問を感じてます。

と言っても中には本当に良いものも有りますから、その見極めが難しいところですが。

オイルライター以外も調べてみると、日本製のガスライターもあり、中々に品質も良いようです。

その中でもIM CORONAというブランドのガスライターに注目してみました。
IM
値段は少しお高めですが、写真等で見る限り質感等も良さそうです。

これもいずれ買えたら良いなと思っております。

プラモデルとは話が全く違ってしまいましたが、まあ幅広く趣味を語るブログにしようかと思ってますので、大目に見てねf^_^;
では、今回はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

ダラダラ

ども、おっさんです。
最近、仕事が忙しくて中々ブログが更新できません。

フィアットも今手付かずの状態。
筆塗り難しいっす。
年明けてから再開しようかと思ってます。
耐水ペーパーや筆、足りない塗料、その他諸々買わないといけないなぁ。


とりあえず、次回作も買っておきたいな。

欲しいキットは、ウルトラマンのジェットビートルかウルトラセブンのウルトラホーク、ポインターを予定してます。

実はおっさんは昭和特撮が好きなんです。

だからどうしたって感じですが。

コアなマニアではないですけど。

最近の特撮は何となく苦手でして、味わい深さがないような気がするんです。

昔はCGやVFX等が無かったぶん、アイデア勝負で一生懸命作ってたと思うんですよ。

今視ると稚拙な部分もあるんですが、力強さを感じるんですね。
それにかける意気込みが凄く伝わる。

今は便利になったぶん、演出力が問われると思うんですよね。

話を少し変えて、最近は特撮のプラモデルが非常に少ないです。

これはおっさんとしては悲しい。

ガレージキットは販売されてるんですが、インジェクションが少ないです。

ウルトラマン等の版権を持っているバン〇イさんは、ガ〇ダムだけに力を入れず、特撮物ももう少し何とかして欲しいです。

怪獣やウルトラ兄弟、作品に出てくるメカ等も昔は出していたのに。
とまあ、愚痴になりましたが、今日はこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

プラモデル製作再開その1

プラモデル製作再開その1
どうも、おっさんです。


流行語大賞がグー!に決まったこのタイミングで再開します。

レッツ、モデリングー!

さあ、サムイネタも滑ったという事で、今回行った作業を振り返ってみましょう。

画像掲載と説明文の書き方が上手くいかないので、画像一枚につき、記事を一件書くことにしてみます。


さて、中々道具や塗料も買えないので、出来る作業をはじめる事にしました。

んで、小さい部品やシャーシの塗装をおこなったわけです。

細かいので筆塗りしました。

というより、エアブラシなぞまだ早いし、お金もありませんので筆しか選択肢がないわけですな。

で、使用した塗料はクレオス水性塗料です。
理由としましては、おっさんが初心者であり、また希釈せずにそのまま塗れて、なおかつ水で手入れが出来る非常にシンプルなものであるためです。

まず、ホイールを塗ってみました。

しかし、塗る段になり、はたと気付きました。

まさにうっかりですな。

ピンセットを買うのを忘れていました。
細かいパーツは、ピンセットがないと塗りにくいと思ったのですな。

が、しかたないので、シャフトを入れる穴につまようじを差し込み塗る事にしました。

しかし、筆塗りは思ったより難しく感じました。

ムラが出てしまうんですね。

しかし、その度にやり直してたらいつまでも完成しません。

今回のキットはある程度妥協する事にしました。


続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

兄弟猫さん

兄弟猫さん
どうも、おっさんです。

以前書いた猫さんの事ですが、無事だったみたい。

※何となくダラダラ書きますを参照のこと。

虎猫さんでした。

まだ小さくて、中々なつきませんが、近寄っても逃げなくはなりました。

もう少しで撫でさせてくれそうです。

もう一匹大きな猫がいましたが、親猫でしょうか?

以前まで、顔を見せてくれていた黒猫ファミリーは、見かけなくなりましたが。

こちらも無事でいるといいです。
081124_192201.3gpをダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«おっさんとプラモデルの思い出 その3